月曜日, 2月 18, 2019

   感染症状況 2月15日現在 

感染症名 ひよこ つくし たんぽぽ すみれ ひまわり き   く 職   員  計
インフルA 0 0 1 0 0 0 0 1
インフルB 0 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌 0 0 0 0 0 0 0 0
ロタウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
RSウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
おたふくかぜ 0 0 0 0 0 0 0 0
風   疹 0 0 0 0 0 0 0 0
胃腸炎 0 0 0 0 0 0 0 0
とびひ 0 0 0 0 0 0 0 0

* ひよこ(0歳児)~きく(5歳児)

  年初めから猛烈なインフルエンザの攻撃にあいましたが、今は落ち着いています。今回のインフルエンザの特徴は「大人が先に罹る」ということでした。わが園も発生は子どもより職員の方が先でした。そして最後も職員でした。5名の職員が餌食になりました。職員は予防接種を全員おこなったのですが、型が違っていたようです。まだまだ寒い日が続きます。えんぶりが終わるまでは気が抜けません。でもまだB型が発生していないので心配な点は消えません。これからもうがい手洗いは徹底し、室内の換気、消毒、加湿をこまめに行いたいと思います。 

 三八地方に「インフルエンザ警報」が昨日発令されました。保育園では感染者はいなくなりましたが、引き続き十分注意してほしいと思います。(2月1日)

 

 

 

新着情報

ふれあい広場(1月22・24・29・31日)

1月後半は1年で一番寒い季節。それでもみんな元気に集まってくれました。体調不良でお休みの子もいましたが、治ったらまた遊びに来てください。また、昨年9月から建設中の多目的子育て支援棟「どんぐりのもり」が遂に完成しました。これから引越しと使用準備の期間になります。2月19日が新しいふれあい広場の最初になります。当日(午前9時45分から)は本園で新組のえんぶり組の「えんぶり鑑賞会」があります。時間に余裕のある方は是非本物の「えんぶり」をご堪能ください。地域の子ども、卒園児もたくさん参加しています。お楽しみに。

ふれあい広場(1月8・10・15・17日)

明けましておめでとうございます。今年もふれあい広場をよろしくお願いいたします。年明けから寒い日が続いていますが「お正月遊び」や「おもしろシアター」など楽しい時間を過ごしているようです。寒さに負けず元気に遊びに来てほしいと思います。

ふれあい広場(12月13・18・20日)

12月と言えば「クリスマス」。今回はクリスマスケーキ作りで楽しみました。作って楽しい、食べておいしいクリスマスケーキ。本番はこれからですが予行練習はバッチリでした。今年のふれあい広場はこれで終了です。来年1月は8日のねっこリトルが始まりです。1月中には「多目的子育て支援棟どんぐりのもり」が完成します。今年度中には利用できるように準備を進めたいと思います。どうぞお楽しみに・・・。

ふれあい広場かわら版(12月4・6・11日)

12月と言えば「クリスマス」。今月はクリスマス飾り作りがメインになりました。サンタクロースやクリスマスリースが上手に出来上がっていました。12月に入って寒い日が続いていますが、ひろばの後に園庭で雪遊びをしている親子の姿も多く見られました。子どもは風の子、母親も風の子、感染症を予防しながら寒い季節を乗り切りましょう。後半もよろしくお願いいたします。

ふれあい広場かわら版(11月13・15・20・22日)

11月後半のふれあい広場は、七五三を中心に屋内の活動が多かったようです。看護師の「保険の話」はこれから流行が予想されるインフルエンザ等の症状、予防方法など保護者には参考になる情報が多かったのではないでしょうか。これから寒くなると「室内」での遊びが増えますが、マンネリにならないよう毎回わくわくするそうな環境を作りたいと思います。寒さに負けず、ふれあい広場に集合。

ふれあい広場(11月1,6,8日)

11月と言えば「七五三」。ふれあい広場でも千歳飴の袋を作ったり、保育園の守り神「隅の観音」様にお参りをしたりしてお祝いをしました。境内には樹齢百年近くの「銀杏の木」があり、ちょうど「ぎんなん」が熟れ頃・落ち頃になっており強烈な「かぐわしい」香りを醸し出していました。これからだんだん寒い季節に向かいます。健康に気をつけてふれあい広場を楽しんでください。