日曜日, 11月 29, 2020

   感染症状況 11月 28日現在 

感染症名 ひよこ つくし たんぽぽ すみれ ひまわり き   く 職   員  計
インフルA 0 0 0 0 0 0 0 0
インフルB 0 0 0 0 0 0 0 0
水   痘 0 0 0 0 0 0 0 0
ロタウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
RSウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
おたふくかぜ 0 0 0 0 0 0 0 0
風   疹 0 0 0 0 0 0 0 0
胃腸炎 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス 0 0 0 0 0 0 0 0
手足口病 0 0 0 0 0 0 0 0
とびひ 0 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌 0 0 0 0 0 0 0 0

* ひよこ(0歳児)~きく(5歳児)

 

本日の給食    2020.11. 28(土)  0・1・2歳児発表会                

 きしめん 天ぷら(鶏肉・南瓜) キャベツの浅漬け オレンジ お茶

12月28日(土) 朝起きてみるとあたり一面雪。我が家では約13センチの積雪。保育園では若干少ないものの今年の初雪です。今日は0・1・2歳児の発表会。例年だと全クラス1日で行うのですが、新型コロナ感染防止策で2週に分けて行うことになりました。それも一家族2名までの限定でした。おかげでソーシャルディスタンスも確保され、例年の4分の1くらいの観客でしたが、拍手はいつと同じくらいいただきました。来週は3・4・5歳児の発表会が予定されており、こちらはもっと観客が多くなると予想しています。マスク、検温等しっかり対応してたくましく育った子供たちをご覧いただきたいと思います。給食を食べる子は少なかったのですが、本日はきしめんでした。鶏肉とかぼちゃの天プラを一緒に食べると口の中にかぼちゃの香りと鶏肉の歯ごたえがあり、おいしかったです。キャベツの浅漬けは口直しにはぴったり。午後はゆっくりした時間が過ごせそうです。そうそう午後は来年度からの職員採用試験があります。応募者は少なかったのですがとても楽しみです。

11月27日(金) 明日はいよいよ0・1・2歳児の発表会です。一生懸命練習している気配はありません。3歳未満児は出たとこ勝負の何でもありで良いとしています。どんなハプニングが起きるか楽しみです。さて、中華の王道「青椒肉スウ」、ピーマンや千切り筍、エリンギなどたくさんの具材に囲まれて牛肉が踊っています。胡瓜と竹輪のマヨ和えは老若男女どなたが食べてもおいしい一品です。我が園の給食試食会に胡瓜とたくわんのマヨ和えと一番顔を出している一品です。食べて納得する味です。みそ汁の具は珍しく「わかめ」と「なめこ」のコンビでした。意外と子供たちに人気がある具材です。さあ、明日はがんばるぞお。

11月26日(木) 我が園は野菜中心の献立が多いのが特徴です。今日はジャガイモ・玉ねぎ・人参・しめじ・ほうれん草・ごぼう・ごま・ナス・食用菊・大豆を食材とした献立でした。今が旬のごぼうと食用菊は香りと味が命。保育園でも菊は栽培していますが、食べるほどの収穫はなく、鑑賞用になってしまいました。大豆と鶏肉は相性が良く、トマト煮も良くなじんでいました。ごぼうの胡麻和えは大人風かなと思いましたが、意外と好評でおかわりが絶えませんでした。いろいろ工夫して食べさせてくれる我が園の調理員たちです。   

11月25日(水) 今日は0・1・2歳児発表会の総練習が行われました。本番が一段と楽しみになりました。今日のメニューは「鰈の煮付け」でした。鰈や鱈はどう料理してもおいしい魚です。今日のカレイは「カラスカレイ」(別名:銀カレイ)で煮つけには最適の食材でした。個人的には卵を抱いた浅羽カレイが大好きなのですが、最近はなかなか高くて手が出ません。冷凍よりやはり生がおいしいです。さて、もう一品の「野菜炒め」ですが、正式には「モヤシ炒め」に近いくらいたっぷりもやしが入っていました。キャベツや玉ねぎ、にんじんも入っていましたが、少し影が薄いようでした。でももやしは栄養たっぷりでしかも廉価なので食卓には欠かせない一品です。今日も2歳児の部屋に行ったのですが、我が園では食事時のテーブルが固定されていないので毎日座るメンバーが変わります。これは想定通りなのですが、毎回写真に写る子がいる反面、どうしてもそこから外れる子もいて毎回苦労しています。

11月24日(火) 朝晩めっきり寒くなりました。寒くても子供たちは元気です。園庭で走り回り、おなかをすかせて園内に入ってきます。今日は「スパゲテイ」でした。キノコがたっぷり入り、ややアルデンテの麺は食べ応えがありました。コロッケもカレー味で食べやすかったです。スープにはもやし玉ねぎをはじめ数種類入っていて具沢山でした。今日は久しぶりに2歳児の部屋を訪問しました。2歳児は元気です。賑やかです。私たちにもこんな時代があったんだなあとしみじみと見つめてしまいました。ランチルームからふと園庭を見ると枯れ葉がすっかり落ちたアオダモの木に鳥の巣があるのを見つけました。雀ではないようです。毎日見ていたつもりでも忙しさにかまけて注意力が無くなっていたようです。来年はしっかり観察して鳥の正体を確かめたいと思います。

新着情報

ふれあい広場かわら版(11月5・10・12日)

今回は「一口試食会」「七五三」「ママビクス」がメインでした。ママビクスは相変わらずの人気でコロナ対策として参加を制限してしまいました。栄養の話は本園の栄養士と調理員が実物の見本を提供しながら一口試食をしてもらいました。離乳食に苦戦しているお母さん方には強い味方になったことと思います。七五三の袋つくりも手形、足型をとるなど楽しそうでした。後半も面白い企画をしているようです。どうぞお楽しみに。

ふれあい広場かわら版(10月15・20・22・27日)

10月後半のふれあい広場は「ハロウィン」一色でした。子供と一緒に衣装や小物を作り、お母さん方の方が楽しそうでした。

ふれあい広場かわら版(10月1,6,8,13日)

秋も深まり、支援センターでも親子の活動が盛んになってきました。ママビクスで体を動かしたり、大型遊具で子どもと遊んだり、室内での遊びが面白くなりました。今回は実習生も参加し、子育て支援を楽しみました。秋が深まり、冬が近づけば「どんぐりのもり」はますます充実したものになります。これからもよろしくお願いいたします。

ふれあい広場かわら版(9月15・17・24・29日)

毎回好評の太陽先生による「親子ビクス」。今回もキャンセル待ちにまでなりました。お母さん方の健康回復・健康増進にも効果があるようです。10月も計画していますので予約は早めに。

ふれあい広場かわら版(9月1・3・8・10日)

9月前半のふれあい広場は「救急法」と「クッキー作り」がメインでした。救急法は一度やったからいい・・・ということはなく、何度でも繰り返し体験することで理解が深まります。クッキー作りは毎回好評のイベントです。作ることも楽しいですが、やはり食べることで子ども達の意欲が深まっていきます。9月後半も楽しいイベントが計画されています。お楽しみに。

ふれあい広場かわら版(8月18・20・25・27日)

今月のふれあい広場はほとんどが定員いっぱいでした。コロナ禍のせいでしょうか。おかげさまでにぎやかなふれあい広場になりました。9月も楽しいイベントを計画しているのでお楽しみに・・・。