土曜日, 10月 16, 2021

 

新型コロナウイルス関連

  保健だより 臨時号9月1日 

コロナ感染後の登園の目安

 

   感染症状況 10月 15日現在 

感染症名 ひよこ つくし たんぽぽ すみれ ひまわり き   く 職   員   計
インフルA 0 0 0 0 0 0 0 0
インフルB 0 0 0 0 0 0 0 0
水   痘 0 0 0 0 0 0 0 0
ノロウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
RSウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
おたふくかぜ 0 0 0 0 0 0 0 0
風   疹 0 0 0 0 0 0 0 0
胃腸炎 0 0 0 0 0 0 0
ヒトメタニュー 0 0 0 0 0 0 0 0
手足口病 0 0 0 0 0 0 0 0
とびひ 0 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌 0 0 0 0 0 0 0 0

* ひよこ(0歳児)~きく(5歳児) ヒトメタニューモ:風邪の諸症状(鼻水・咳等)

 

新企画(ご覧になりたい曜日をクリックしてください。過去1週間の様子が表示されます。)  

本日の子どもの活動 3・4・5歳児

                           

本日の子どもの活動 2歳児

              

0・1歳児の活動 (1週間に1回掲載)

0歳児       1歳児

 

本日の給食      2021.10.  15(金)                      

絹厚揚げとエビの中華煮 切り干し大根と胡瓜の和え物 味噌汁(ナス) パイン ご飯 お茶

10月15日(金)  今日は、一連の保育懇談会の最終日(年長だけは来週開催)です。今日は職員の研修と園長が八戸市の説明会があります。どちらもZOOMでの参加です。個人的にはZOOMより対面式の方が頭に入るのですが、ご時世なので仕方がありません。我が園でもZOOMの扱いが多くなり、若い職員たちの活躍の場が増えています。今日は午後から3か所同時にZOOMを使います。どうなることやら・・。 さて、今日のメニューは絹厚揚げとエビの中華煮でした。絹厚揚げは舌触りが滑らかで中華にはうってつけのようでした。これをご飯にかければ立派な「中華丼」の完成です。切り干し大根と胡瓜の和え物は彩りにピンクのハムも入っていておいしくいただきました。

10月14日(木)  今日の天気予報は見事にハズレました。午前中から晴れの予報でしたが、「雨時々曇り」しかも寒い。全国的に穏やかな天気・・・のはずでしたが、八戸は全国レベル以下ということでしょうか。さて、今日は「ニラレバ炒め」でした。私は「レバニラ炒め」と思っていましたが、どちらの量が多いかで決まるのでしょうか。我が園ではレバーに衣をつけて軽く油で揚げています。レバー独特の臭みもなくとても食べやすかったです。そしてトマトの三杯酢。酸味が効いていましたがトマトの甘さが引き立っていた一品です。酢とともに入っていたのが「大葉」(シソの葉)です。シソ独特の香りがあり、目と舌と鼻が活躍する食材でした。今日の味噌汁は「薩摩芋・油揚げ」でした。サツマイモの甘さと味噌のしょっぱさがとても合っていました。ところで、シソの葉を大葉、シソの実を「えごま」と言いますが「シソの実」となぜ言わないのでしょう。この季節になると大根・人参・ナスの微塵切りにシソの実を入れ、味噌や醤油で味をつけた「南蛮味噌」が恋しくなります。五戸では「コムラ」と「ムラヤ」の南蛮味噌が有名ですが、昔は各家庭で作っていたものです。今日は南蛮味噌をあてに熱燗でいっぱい・・というのも粋な秋の過ごし方かもしれません。子ども達はカルピスで・・・。

10月13日(水)  今週は、「クラス別保育懇談会」を開催しています。今年は新型コロナウイルスの影響で保護者参加型の行事はほとんどなくなりました。それでも子供たちの保育園での様子や成長を知りたいという要望が多く、保育士と保護者だけで懇談会を行うことにしました。まだ感染が心配だという方や職場から離れられないという保護者のために「ZOOM]での参加もできるようにしました。今日は4名の保護者がズームで参加します。副園長がいろいろ工夫してカメラのように写せるようにしてくれたので使い勝手がとても良いようです。ITの時代、私たちも頭を切り替えて、アナログから脱却しなければいけないようです。日々進化するITについていくのは大変ですが、「文明の利器」を使いこなさなければこれからの保育に対応できないような気がします。私の頭がいつまでもつかわかりませんが、頭から煙が出るまで頑張ろうと思います。 さて、今日のメニューは千草焼きでしたが、卵の差し入れがあったので一部メニューが変わったようです。千草焼きのような卵焼きは、茶碗蒸しのような味で、しかも大きく切ってあるので食べ応えがありました。手作り、愛情たっぷりのおにぎりにはちょうど良いおかずになったようです。

10月12日(火)  一雨ごとに寒くなっていく感じです。太陽は出ているのに寒い一日です。今日は朝から「スズメバチ」退治依頼が子ども達からあり、ヤマボウシの木に寄ってくるスズメバチを1匹撃墜しました。1匹は取り逃がしましたが、殺虫剤を浴びたのでどこかで静かになっている可能性が高いです。寒くて活動を中止しているかと思っていましたが、なかなか根性があるスズメバチです。今日はチキン南蛮が出ました。タルタルソースがたっぷり乗り、見るからにおいしそうです。付け合わせのトマトとの色合いも良かったです。副菜は「ほうれん草と菊のお浸し」。南部地方は「食用菊」の一大産地です。特に南部町や名久井では「阿房宮」という特産の食用菊が有名です。我が園の裏庭にも食用菊の残骸が少し咲いていますが、この菊は、春先に植え替えをしないと増殖しません。2年ほど手を抜いたら本当になくなってしまいました。自然の営みは本当に不思議です。雑草は黙っていると大繁殖してしまうのに・・・。でも、この食用菊が出回ると晩秋を感じます。山形では「もってのほか」という食用菊がありますが、青森県はネーミングからして遅れている感じがします。子ども達にはなかなか食が進まないほうれん草と菊のお浸しですが、昨日食べた「せんべい汁」と同じで八戸名物なので是非食べられるようになってほしいと思います。個人的には菊の味噌汁が大好きです。これから秋が深まるとおいしい野菜や果物が沢山出てきます。秋はやっぱり「食欲の秋」ですね。

10月11日(月)  昨日の天気はどこへやら・・。楽しみにしていた「食育祭り」は雨でした。それでもサンマを焼いたり、肉や野菜を焼いて楽しみました。メインの「キノコ汁」は、私が山でとってきたブナハリタケ、ハツタケ、イグチなども入っていました。今年は山へ行く回数も少なかったので、いつもより種類は少なかったものの秋の風情を十分に楽しめました。味付けは「醤油味」でした。本当は自家製の味噌(2月に仕込んだもの)で味噌味にする予定でしたが、キノコ汁に八戸せんべい(テンポ焼き)も焼いて入れてみようということになり、せんべい汁は醤油味だよね、ということになりました。おかげで朝からテンポ焼きで忙しく、働きました。子ども達と調理員が共同で作ったキノコ汁にてんぽ焼きを入れ「せんべい汁」を作り、園庭の片隅では副園長と保育士がサンマと肉を焼きました。子ども達の何人か参加し、お手伝いをしてくれました。焼き魚は「サバ」とさんま(大と小)を選ぶことができました。野菜はキャベツ、ナス。肉は豚の肩ロース。おいしくないわけがありません。テンポ焼きはたくさん作ったので「おやつ」にも登場する予定です。ちなみに来園の方にも試食してもらいましたが皆さん「おいしい」と好評でした。テンポにはゴマと今年採れたジャンボひまわりの種も入れてみました。(ひまわりの種修子先生と薫先生が土曜日の半日をかけて、はかたい殻をハサミで切って中身を取り出してくれました)子ども達からも「おいしかった」との反応があり食育祭りは大成功でした。

 

 

新着情報

ふれあい広場かわら版(8月17・19・24・26日)

8月は新型コロナウイルスに右往左往されました。我が園では幸いにも園児・職員とも感染者は出ませんでしたが、お盆明けの感染拡大にはとても肝を冷やしました。それでも天候に恵まれ、水遊びや園庭で楽しんでいる姿が見られました。 9月は残念ながら八戸市の要請でふれあい広場も園庭・ルーム開放も休止ということになりました。これまでの教育・保育施設での感染状況を鑑みれば無理もないかなと思います。ふれあい広場参加者の皆様にも感染対策をしていただいたのですが残念です。1か月後には沈静化していることを願っています。10月も楽しいイベントをたくさん用意していますのでたくさんの参加をお待ちしています。

ふれあい広場(8月前半)

いつも「ふれあい広場」をご利用いただきありがとうございます。現在、新型コロナウイルスの感染が日本中で拡大しています。どんぐりの森では最大限の感染防止対策を取っていますが、万全ではありません。参加される一人一人の予防意識が重要です。八戸市でも感染が拡大し、最近、教育・保育施設でのクラスターも発生している模様です。ふれあい広場では、担当者が、感染が発生した場合、県外(特に感染拡大地域)からお越しの方へ、県外に帰省された方及び県外の方と接触された方などの注意事項を説明していますので、参加する際は、しっかりと聞いて対応くださるようお願いいたします。なお当園で感染者が発生した場合は「ふれあい広場」「ルーム開放」「園庭開放」は中止にいたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。もうしばらくの辛抱だと思います。感染が落ち着いたらたくさん遊びましょう。 長坂保育園 園長

ふれあい広場かわら版(6月15・17・22・24日)

梅雨の中の「ふれあい広場」でした。今回はどんぐりの中でベビービクスやボールプールなどで親子でたくさん遊びました。梅雨が明けたら園庭で思いきり遊びましょう。