月曜日, 9月 23, 2019

   感染症状況 9月 21日現在 

感染症名 ひよこ つくし たんぽぽ すみれ ひまわり き   く 職   員  計
インフルA 0 0 0 0 0 0 0 0
インフルB 0 0 0 0 0 0 0 0
水疱瘡 0 0 0 0 0 1 0 1
ロタウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
RSウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス 0 0 0 0 0 0 0 0
おたふくかぜ 0 0 0 0 0 0 0 0
風   疹 0 0 0 0 0 0 0 0
胃腸炎 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス 0 0 0 0 0 0 0 0

* ひよこ(0歳児)~きく(5歳児)

  八戸保健所管内で6月13日に「手足口病」の流行警報が発令されました。手足口病は夏を中心に流行し、特に5歳以下の乳幼児がかかりやすい感染症です。口内や手のひら、足の裏などに水疱性の発疹が出るのが特徴で、初熱の症状が出ることもあります。飛沫や排便などが感染経路になることが高いため、うがい手洗いの徹底、マイタオル、マイコップの使用をお願いいたします。とにかく、疑わしい症状が出たら、速やかに医師の診断を受けられることをお勧めいたします。

新着情報

ふれあい広場かわら版(9月3,5,10,12日)

9月前半のふれあい広場は、太陽先生による「ベビービクス」、看護師による「救急法」そしてお楽しみ「クッキー作り」など頭と舌と体を使った取り組みを行いました。救急法ではたくさんの質問も出たようです。心肺蘇生法では子供に対してかわいそうだという質問に、看護師が「肋骨が折れても骨はくっつきますが、心臓が止まれば元に戻りません。」という言葉には人の命の大切さを改めて感じました。ベビービクスは毎回好評で、これを目当てに参加する家族も多いようです。いよいよ秋本番。食欲、体育、読書・・・と楽しみです。9月後半もご期待ください。

ふれあい広場かわら版(8月20,22,28日)

お盆も過ぎて、少しだけ涼しさを感じるようになりました。27日のねっこリトルには「ごろ寝アート撮影会」が行われました。我が園では2回目の開催でしたが、見事に変身してかわいい姿を撮影してもらったようです。来月はお待ちかね太陽先生の「ベビービスク」があります。たくさんの参加をお待ちしています。

ふれあい広場かわら版(8月1,6,8日)

8月前半はとても暑い日が続きました。園児たちは毎日「水遊び」に夢中です。ふれあい広場でも水に触れさせたいとの思いで、水遊びをたくさん取り入れました。家庭ではなかなか難しい水遊びですが、お友達と一緒に遊ぶ水遊びは格別なようです。水遊び初体験の子もいてにぎやかなふれあい広場になりました。

ふれあい広場かわら版(7月16,18,23,25日)

7月16日、近くの南鹿島町内会の老人クラブ「鹿友会」(ろくゆうかい)の皆さんが地域の子育て家庭の方々と交流しました。小さいことなかなか触れ合うことがなくなった老人の方々には、とても好評のようでした。老人といってもまだまだ元気なお年寄りの皆さん、小さな子どもたちからいっぱいエネルギーをいただき益々元気に過ごしてほしいと思います。若いお母さん方もいろんなことを教わり楽しそうでしたよ。  

ふれあい広場かわら版(6月18・20・25・27日)

今回のふれあい広場は、初夏を思わせるような天気の下、木陰や大型遊具の下で親子のんびりと過ごした方が多かったようです。また、地域の民生委員さんや老人会のメンバーが遊びに来てくれ、親子で楽しく遊べる遊び方を紹介してくれました。今月は「七夕」や「夏祭り」もあり楽しい企画をしているようです。7月もよろしくお願いいたします。